「プリアピトゥ」5つの寺院群を見て~「勝利の門」をくぐってから「アンコールトム」を出る!!

     「スポンサーリンク」     王宮跡の反対側、「北クリアン」の隣に、「プリアピトゥ」と呼ばれる12世紀初頭に創建された、5つの神殿とふたつのテラスからなる寺院遺跡がある。 遺跡は修復工事が全くされておらず、そのまま放置されたまま。     シェムリアップ アンコールトム 「プリアピトゥ」     「スポンサーリンク」     &nbs...

「プラサット・スゥルプラット」謎めいた12の塔と、一対になっている建造物「南クリアン」、「北クリアン」

      「スポンサーリンク」     「アンコールトム」内にある「象のテラス」の前方にある12基の塔が「プラサット・スゥルプラット」。   王宮から勝利の門へと続く王道の前面にあり、12世紀末にジャヤヴァルマン7世によって建造されたバイヨン様式の塔群であるとされる.。   「綱渡りの塔」( Towers of Cord Dancers)とも呼ばれ、それは祭典の際に、綱渡りをテラス...

「象のテラス」~アンコートムど真ん中の躍動感ある、象のレリーフが連なる長大なテラス!!

      「スポンサーリンク」     「象のテラス」は、アンコール・トムの城壁を巡らした都の一部で、テラスは南北にわたってあり、その東面にあるゾウの彫刻があるので「象のテラス」と名付けられた。     シェムリアップ アンコールトム 「象のテラス」     「スポンサーリンク」         「スポンサーリンク」 &nbs...

「アンコールトム」内の遺跡群~王宮跡から天空の宮殿「ピミアナカス(Phimeanakas)」へ。。。

    「スポンサーリンク」     「ピミアナカス」は、5か所の塔門東西600メートル、南北250メートルの周壁に囲まれた王宮の中央に位置し、そこに居住した歴代の王が儀式をおこなうための寺院。   「空中の宮殿」、「天上の寺院」とも呼ばれている。     シェムリアップ アンコールトム 「ピミアナカス」     「スポンサーリンク」     ...

再び「アンコールトム」内の遺跡群を求めて!~まずは空中参道のある隠し子伝説の「バプーオン」から

      「スポンサーリンク」   「アンコールトム」内のバイヨンから一番近い位置にある「バプーオン」。   200mほどの空中参道の先にある隠し子伝説があるピラミッド型寺院で、かつてはバイヨンよりも高かったと言われてる。     シェムリアップ アンコールトム 「バプーオン」     「スポンサーリンク」         「ス...

「プノンバケン(Phnom Bakheng)」~密林の彼方に沈みゆく夕陽、サンセットを眺めながら。。。

        「スポンサーリンク」     「アンコールワット」から「アンコールトム」への道の途中に、高さ60メートル程の丘からサンセットを眺められる「プノンバケン寺院」があります。   ここからの密林の彼方、さらに「トンレサップ湖」に沈みゆく夕陽が一望出来る。     シェムリアップ 「プノンバケン」 サンセット     「スポンサーリンク」...

「アンコールトム」~顔だらけ、「バイヨン」の観世音菩薩像の穏やかな表情の魅力を垣間見る!!

     「スポンサーリンク」     「バイヨン」を特徴付けているのは、中央祠堂をはじめ、塔の4面に彫られている四面像である。   四面像は観世菩薩像を模しているというのが一般的な説と、「ジャヤヴァルマン7世」を神格化して偶像化したものであるとする説、ヒンドゥー郷の神々を表している説もあるそうです。     シェムリアップ 「アンコール・トム」   「ス...

都城「アンコールトム」へ南大門(Southern Gate) ~宇宙の中心と言われている「バイヨン寺院」まで。。。

      「スポンサーリンク」   アンコール王朝の最盛期に築かれた、バイヨンを中心とした都の城。   アンコールワットから北に1kmちょっと行くと、城壁の囲まれた広大な都市「アンコールトム」があります。   シェムリアップ 「アンコール・トム」     「スポンサーリンク」         「スポンサーリンク」    ...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.