tranning3 「旅のフォトコラム」

旅の情報を画像中心ですが、お届けします!!

「アオナンビーチリゾート ホテル」~アオナンビーチのど真ん中にあるが、見た目はホテルと思わなかった!!

      クラビでの滞在は、1泊はクラビタウン、そしてアオナンビーチに4泊、計5泊しましたが・・・。   予算の事もありましたが、色々なホテルに泊まってみたいという好奇心が先に立ってしまい、結局アオナンビーチでは2件のホテルに2泊づつ宿泊。   まずは最初に2泊したホテルを紹介します。   「スポンサーリンク」     クラビ 「アオ ナン ビーチ リゾート(A...

「ブループール」~エメラルドプールの先に、青い神秘の泉があるはずだったのですが・・・。

      「エメラルドプール」の先に源泉となっている神秘の泉、「ブループール」があります。   ここは人の手が加えられていなく遊泳禁止で、不思議なことに、このプールの前で手をたたくと、プールの底から気泡が沸き上がるスピードが速くなるとのことでしたが。。。   「スポンサーリンク」     クラビ 「ブループール」他       「スポンサーリ...

「エメラルドプール」~クラビにある、大自然の中の巨大プール、源泉かけ流し大露天風呂⁉

      断崖絶壁の地形の火山帯の一部にもあるクラビの地形は、温泉が各地で湧いているようで大自然のジャングルの中に、エメラルド色をした巨大な露天風呂があります。   「スポンサーリンク」     クラビ 「エメラルドプール」       「スポンサーリンク」     ここは露天風呂というよりかは巨大野外温泉プール、前回紹介した「...

「クロントム温泉」~クラビは海だけではない、大自然の熱帯ジャングルにある天然温泉へ。。。

      クラビの魅力は海だけでなく、山側の大自然のジャングルにも見所、行き所があります。   クラビのこの地形からの、源泉かけ流しの天然温泉。   「スポンサーリンク」     クラビ ホットスプリングス 「クロントム温泉」       「スポンサーリンク」     「アイランドホッピングツアー」を申し込んだツアーデスクで...

「センタラグランドビーチ」~アオナンビーチの西側でホテルのプライベートビーチに潜入してしまった!!

    クラビには後が断崖絶壁で、中心からの道がなく海からでないと行けないビーチがいくつかあります。   こうゆう場所は人が当然少ないので、のんびりとリゾート感を満喫出来る場所。   「スポンサーリンク」     クラビ セントラグランドビーチ       「スポンサーリンク」     アオナンビーチの海岸沿いを西側に歩いて行くと、海岸線...

「ポタ島(Koh Poda)」~憧れの楽園といわれCMのロケ地にもなった、絶景ビーチの島!!

      静かなビーチの向こうには、大きな一枚岩の島が浮かんでいるクラビを代表する光景がここ「ポタ島」。   白いビーチとのシルエットが何とも言葉にならない。   「スポンサーリンク」     クラビ アイランドホッピング 「ポタ島(Koh Poda)」         「スポンサーリンク」     アイランドホッピングツアーでの最後に...

幻のビーチ「タレーウェーク」~「タップ島」と「チキン島」の絶景を見ながら上陸・・・。

      アイランドホッピングでチキン島とタップ島の間に、干潮時に海が割れたようになり、白い砂浜が現れる自然現象で「タレー・ウェーク」と呼ばれています。   意味は「割れる海」。別名「Sand Bar」とも言われている。   「スポンサーリンク」     クラビ 「タップ島」、「チキン島」、「タレーウェーク」        「スポンサーリンク」 &nbs...

「アイランドホッピングツアー」の最初の立ち寄り先は~陸の孤島「プラナンビーチ」ここは島ではないが・・・。

      アイランドホッピングツアーで最初に立ち寄った先は、島ではないがクラビでは一番の有名な場所「プラナンビーチ」。   ここはクラビでは絶対に外せない景勝地、確かに島ではないが船でしか行けない場所なのでアイランドホッピングの1つとして数えてもいいのでは。。。   「スポンサーリンク」     クラビ アイランドホッピング ツアー       ...

クラビでの「アイランドホッピング ツアー」~やはりクラビではビーチだけでなく、島にいかなくては!!

      クラビではビーチだけでなく、130以上の島があると言われているので島に行かない訳にはいかない。   そこで「アイランドホッピング ツアー」をアオナンビーチのホテルの目の前のツアーデスクで申込みしました。   「スポンサーリンク」     クラビ アイランドホッピング ツアー       「スポンサーリンク」     申し込ん...

ノッパラッタラビーチ(Noparathara Beach)~アオナンビーチの隣にある浅瀬の広がる遠浅のビーチ!!

      「アオナンビーチ」から2㎞ほど西に向かうと、浅瀬が広がるビーチがあります。   ほとんど泳いでいる方は見かけないのですが、地元の方の憩いの場所になっている様。   「スポンサーリンク」     クラビ ノッパラッタラビーチ(Noparathara Beach)       「スポンサーリンク」     波は穏やかで、アオナンビーチからライレイビ...

「アオナンビーチのメイン通り」沿いの様子~昼下がりから朝方のゆったりとした光景!!

      「アオナンビーチ」界隈は、昼間の通り沿いにも人が溢れている光景は見られなく、一番人通りが多い時間帯は夕方から夜にかけて。   建物も規模は大きくなく、高いものががなくこじんまりとしたお店、ホテルも2~3階建てが中心。   「スポンサーリンク」     クラビ アオナンビーチ(Ao Nang Beach)       「スポンサーリンク」   &nbs...

「アオナンビーチ(Ao Nang Beach)」~クラビでのメインビーチでのんびりリゾート気分!!

      クラビで最も知名度が高く、中心的なメインビーチ。   ここにはホテル、レストラン、土産物、コンビニ、マッサージショップ等何でも揃っています。   ここからレイライビーチ、沖の島のアイランドホッピングに行くにもここが起点。   「スポンサーリンク」     クラビ アオナンビーチ(Ao Nang Beach)         「スポンサーリンク」...

ワット・カウ・コラワラム(Wat Kaew Ko Wararam)~クラビタウンにある白亜の寺院とシティホール

      タイの地方都市を含め必ず街には市場もありますが、寺院もあります。   それもかなり規模が大きく、色々な装飾物が飾られた立派な寺院。   クラビタウンの街中にもこの「ワット・カウ・コラワラム」が、街のほぼ中央の地点に聳え立っています。   「スポンサーリンク」   クラビタウン ワット・カウ・コラワラム(Wat Kaew Ko Wararam)       ...

「マハラジ フード マーケット(Maharaj Food Market)」~クラビタウンでもやはりマーケットへ。。。

      色々な街に来るとまず訪れるのはマーケット、それも地元の人々が利用している市場。   そこには住んでいる方の食生活を覗く事が出来、活気を肌で感じる事が出来ます。   ここクラビタウンにも街中に結構大きめの市場がありました。   「スポンサーリンク」   クラビタウン マハラジ フード マーケット(Maharaj Food Market)       「スポ...

クラビタウンの原始人交差点~原始人(猿人)だけでなくサーベルタイガーも居た!!

  クラビタウン クロマニヨン交差点(原始人交差点)   クラビタウン一番のメイン通りを歩いていると、いやでも目に入ってくるのがここ。   今やこのクラビタウンの名物になっている「原始人(猿人)交差点」。   「スポンサード リンク」     クラビタウン クロマニヨン交差点(原始人交差点)         ここに来る前は1人の原始人だけかとおも...

カンボジア、タイの旅から帰って来て~アンコール遺跡群以外にも、カンボジアが辿ってきた歴史が凄い!!

  プリア・ヴィヘア   シェムリアップでは遺跡群だけではなく、自然も見所がかなりあります。   そこには必ず遺跡があったりしますが、タイ国境のアンコール遺跡とは別に世界遺産に登録された天空の寺院「プリア・ヴィヘア」の山頂からの光景が何とも言えなかった。           カンボジアの中央に位置し、シェムリアップとプノンペンを船でも行き来が出来る「トンレサ...

カンボジア、タイからの21日間の旅から帰って来ました~真夏から一気にまた真冬に逆戻り。。。

  アンコールワット   昨日の夜、1月11日から出発しましたカンボジア、タイの旅から無事に帰国致しました。   今回は3週間、丁度21日間という今迄の自分にとっては長旅になりますが、旅に出ているとこの21日間の短かったこと。   あっという間に終ってしまった・・・。   今この辺は乾季ということもあり、一年を通しても陽が短い季節で朝の6時半過ぎでないと明るくならなく、朝のうちに...

近況報告になりますがしばし又旅に出ますので、記事の更新は暫く出来ないかも・・・です。

      「昨年は大変お世話になりました、今年もどうぞ宜しくお願い致します。」   ご挨拶が遅れましたが、2年連続で喪中での新年を迎えましたので7日過ぎてからの挨拶で恐縮です。   一昨年の12月に母親が85歳で他界しまして、一年も経たないうちに昨年11月に父親が87歳で亡くなりました。   この一年間で急に両親が居なくなってしまい、いつもでしたら両親、妹家族と全員食事会とかに行...

「クラビ川」沿いをゆっくりと歩いていると・・・、以前見た事があるような光景が!そしてここからも色々な島へ行ける。。。

  クラビタウン 「クラビ川」   「クラビタウン」に来ても天気の良い日は、朝の散歩はかかせません。   特に旅の途中で天気が良いのにいつまでも寝ていると、何か損したような感じがするので。   その代わり朝から雨だったりした場合には、寝だめをしていますが・・・。   「スポンサード リンク」     クラビタウン クラビ川(Pak Nam Krabi) &n...

「ヴィエン トン ホテル(Vieng Thong Hotel)」~クラビでの最初の1泊はクラビタウンに宿泊!!

      クラビに着いたのが夜だったので、まずは最初の1泊はビーチに向かわずに「クラビタウン」へ。   タイのリゾート地は近くには、必ず地元の方が生活している街がありますので、それも見るのも必要です。   「スポンサード リンク」     クラビ ヴィエン トン ホテル(Vieng Thong Hotel)       クラビタウンは1泊で充分と思い、夜到着して寝て...

クラビに到着したのは夜だったので~最初の1泊は「クラビタウン」へここでもまず向かった先は、ナイトマーケット!!

      「クラビ」に着いたのは夜だったので、まずは「クラビタウン」へ。   クラビに来る方は、勿論ビーチリゾートを中心に考えている方がほとんどで、「アオナンビーチ」、「レイライビーチ」などのビーチホテルへ行くのが通常パターンですが・・・。   そんな急ぐ旅でもなく、その土地の本当の姿、特徴を知る上でも必ず街中を見てみる事が必要だと思っています。   プーケットに行った...

「バンコク・エアウェイズ BANGKOK AIRWAYS(PG)」の料金を見て「クラビ」行きを決定!!

      「クラビ」に行くのに決めて手となったのが、何と言っても料金!!   バンコク・スワンナプーム国際空港からクラビまでの往復RTが、2530バーツ(約8,780円) 片道4,390円の航空券がありました。   それもれっきとしたレガシーキャリア、LCCではありません。   「スポンサード リンク」     「バンコク エアウェイズ BANGKOK AIRWAYS(PG)」in ス...

「クワイティアオ センレック ヘン」~タイ版まぜそば、汁なしタイラーメン,タイでの食事はこれで決まり!!

      「クロントゥーイ市場」周辺を歩いている時に、ふと見つけて立ち寄ったタイラーメンのお店。   汁なしラーメンですが、これが絶妙な味。   「スポンサード リンク」   バンコク 「クロントゥーイ市場」 の近くのタイラーメン屋さん         何も下調べもせずに何となく、雰囲気、外の屋台風な調理場に惹かれてふらっと入ったお店。  ...

この鳥達の上と下の運命は・・・~新鮮な素材を提供してくれる、それが「クロントゥーイ市場」の特徴!!

      「クロントゥーイ市場」の特徴としては何よりも素材の新鮮さ、これが一番の売りでしょう・・・。   「スポンサード リンク」     バンコク 「クロントゥーイ市場」          この鳥をみれば一目瞭然、上に載っているのがもちろん商品ですが、下にはその原型としての輩達が駕籠の中に入っています。   果たしてこの鳥達は、この後の自...

「クロントゥーイ市場」~バンコクで一番ディープなバンコクを常に見ることが出来る市場!!

      バンコクの市場の中でも巨大で常に地元の人達で賑わっている市場。   他の市場に比べ、現地の人向けの市場で食材も業者向けに大量に量り売りされていているが、一般客もたくさんの人が買い物に訪れている。   決して観光客相手の市場とは違います。   「スポンサード リンク」     バンコク 「クロントゥーイ市場」          ...

「クロントゥーイ」の線路沿いのスラム街の近くを通って~バンコクで最もディープな市場へ。。。

      「クロントゥーイ港」から下町界隈を抜け、高速道路と並行している一本の線路を見つけるとその線路沿いにバラックの家が建っていて、そこで生活している人々の様子を見ることが出来ました。   「スポンサード リンク」     バンコク 「クロントゥーイ市場」          この線路沿いを歩いていけば、もっとここで生活している方々の様子を見る...

「クロントゥーイ港」からの下町の光景~バンコク市民のそのままの生活が垣間見える!!

       バンコクの市街での下町と言えば色々な場所で見る事が出来るが、ここはその中でも最もディープな世界の下町「クロントゥーイ」。   「スポンサード リンク」     バンコク 「クロントゥーイ港」          「バーン・カチャオ」から再び渡し船にて「クロントゥーイ港」に戻り、そこから又どうせなら歩いてMRTの駅迄戻ろうと思い、ゆっ...

「シーナコンクアンカン公園」in「バーン・カチャオ」~自然保護区、都会のオアシスに暫し癒される!!

      「バーン・カチャオ」に上陸してから暫く歩いていくと、湿地帯に囲まれた自然豊かな公園「シーナコンクアンカン公園」に辿り着きます。   沼と池を中心とした亜熱帯の植物が生い茂る公園、バンコク市内の「ルンピニー公園」とかとは全く違う景色が堪能出来る。   「スポンサード リンク」     「シーナコンクアンカン公園」 in 「バーン・カチャオ」 「サムットプ...

「バーンカチャオ」バンコクの肺とも呼ばれる自然保護区~癒しの亜熱帯ジャングル湿地帯へ。。。

        「クローントーイ」のピアから渡し舟にて「バーンカチャオ」ピアに着くと、ここが大都会バンコクの目と鼻の先とは思えない様な光景。   大きな森があり「バンコクの肺」とも呼ばれる自然保護区にもなっている、亜熱帯のジャングルになっています。   「スポンサード リンク」     「サムットプラーカーン県」 「バーン・カチャオ」     &n...

チャオプラヤー川を河口方面に下ってい行き~「サムットプラーカーン県」の「バーンカチャオ」へ。。。

      「チャオプラヤ川」をカオサンから下っていき、「サパーンタクシン」のさらに河口へ行って、川が蛇行する半島の先にバンコクの隣の県になりますが、「サムットプラーカーン県 バーン・カチャオ」があります。   ここはバンコクの川向こうですが、都会とは全く違った自然も残っているオアシスと言える場所。   「スポンサード リンク」     「サムットプラーカーン...

「センセーブ運河水上バス」の「カオサン地区」に近い西の終点~パンファー橋周辺の街並とちょっと変わった専門店舗街

      「プラトゥーナム」船着き場から何回も利用した「センセーブ運河水上バス」ですが、「プラトゥーナム」からカオサン方面の西の終点ピア(Phanfa Leelard)までの繋がっています。   「プラトゥーナム」を中心に西と東と分けて運行されているようですが、「カオサン」から中心の「プラトゥーナム」までの交通機関で一番便利な乗り物かと思います。   「スポンサード リンク」   ...

「ワット・サケット Wat Saket(黄金の丘)」~仏塔の上からバンコク市内の風景が一望出来る寺院!!

      小高い丘に一際目立つ仏塔が、カオサンからも歩いて行ける距離にあります。   「ワット・サケット」仏舎利を納める80mもの黄金の丘が印象的で、バンコク市内を一望できるスポットとしても有名。   「スポンサード リンク」     バンコク 「ワット・サケット Wat Saket」         別名「プーカオトーン」と言い、黄金の丘という意味。...

「ジャイアントスイング」超巨大ブランコと「ワット スタット(Wat Suthat)」のみごとな礼拝堂、仏像群!!

        「ワット・スタット(Wat Suthat)」の目の前には、朱色に塗られた高さ20mを超す巨大ブランコがそびえ立っています。   礼拝堂や本堂の壁一面には壁画が描かれ、さらにその裏の回廊には見事な仏像群が。。。   「スポンサード リンク」     バンコク 「ジャイアントスイング」と「ワット スタット What Suthat」         ...

「民主記念塔 Democracy Monument」周辺を午前中にぶらぶら散策~「カオサン」からもすぐ近く!!

      「カオサン」に宿泊すると必然的に夜型になり、なかなか朝早くから行動する方が少ないようですが、「カオサン周辺」には見所が結構あります。   それも午前中でないと見ることが出来ない処もあるので、たまには早く起きて周辺を散策してみてください!   「スポンサード リンク」     バンコク 「民主記念塔 Democracy Monument」       &n...

「カオサン地区」からのミニトリップに是非!!~「ナコーンパトム」迄往復30バーツの各駅停車の旅が楽しめます。。。

      「ナコーンパトム」からの帰りも又再び10バーツ(約34円)の各駅停車で。。。   最初は「ナムトク」からの列車で16:31発に乗るつもりでいたが、その前の「ランスアン」発の列車が1時間近く遅れていたのでその列車に乗車。   「スポンサード リンク」     「ナコ-ンパトム駅」~バンコク 「トンブリー駅」         「ランスアン」発と...

「ナコーンパトム」駅前周辺の露天と非常にローカル色が強いディープな駅前市場を見ることが出来た!!

      ナコーンパトムでは、「ワット プラ・ パトム ・チェディー」を見てから帰りの列車の時間もあるので、駅の周辺しか行動が出来ませんでしたが、駅から線路に平行して非常にローカル色が強い市場がありました。   なかなか地元の方以外は入りにくい感じがしましたが、市場フリークとしては特にこうゆうローカル市場は見逃せない。   「スポンサード リンク」     「...

世界一の仏塔がある寺院~ナコーンパトム 「ワット プラ・ パトム・ チェディー」に圧倒させられた!!

      特にアジア方面で「世界一」とタイトルに付けて紹介すると、何か胡散臭いものという感じがどうしてもしてしまいますが、ここは堂々と自信をもって世界一と紹介します。   世界一の仏塔がある寺院・・・、ナコーンパトムにある「ワット プラ・ パトム ・チェディー」。   「スポンサード リンク」     ナコーンパトム 「ワット プラ パトム チェディー」  ...

片道たったの10バーツ(約34円)の旅!!「トンブリー駅」~「ナコーンパトム駅」迄各駅停車で「世界の車窓から」に浸りながらゆっくりのんびりと!!

    バンコク「トンブリー駅」   バンコク「トンブリー駅」から各駅停車に載って暫しのショートトリップ。。。   何と運賃は普通列車の3等車しかありませんので、10バーツ(約34円)で1時間ちょっとの「世界の車窓」の雰囲気を充分味わう事が出来ます!!   「スポンサード リンク」     バンコク 「トンブリー駅」~「ナコ-ンパトム駅」      ...

「トンブリ駅(バンコク ノーイ駅)」~フワランポーン駅に次ぐバンコク第2の駅とされているが・・・、正にローカル駅!!

  「トンブリ駅(バンコク ノーイ駅)」   バンコクの王宮地区の「チャオプラヤ川」対岸に、「トンブリー駅」駅があります。   当初は南本線(マレーシアへ続く路線)の起点駅として造られたが、その役割を「フワランポーン駅」に譲りチャオプラヤ川沿いの駅から移転した後は、日に何本かのローカル線(各駅停車)のみの発着駅。   「スポンサード リンク」     バンコク...

「LCC格安航空会社 スクートSCOOT」を利用してでもしっかりとラウンジ利用しました~桃園国際空港「プラザ プレミアム ラウンジ」

  「LCC格安航空会社 スクートSCOOT」    利用したのはLCC 「スクート」でしたが、早朝6時台の台北発成田行きだったので夜中24時前に「桃園国際空港」に着いてから、フードコートの先のソファにて3時間仮眠。   3時半ぐらいからのチェックイン開始を今かと待ちます。   早く出国審査を終えて中でさらに3時間ぐらいありますが、ここでゆっくりとフライト時間まで過ごす為に・・・。   ...

早朝便なので、帰りも「台北駅」から「桃園国際空港」まで再び地下鉄「桃園空港捷運線MRT」を使ってそして空港泊。。。

  「桃園空港捷運線MRT」   台北からの帰りですが、LCC スクートを利用しましたので台北発が早朝の6時40分。   この時間帯なので普通の方であれば、台北市内のホテルに宿泊した場合はタクシーで、或るいは桃園の周辺のホテルに宿泊して早朝に空港へというパターンが考えられますが、宿泊代、タクシー代等の交通費がばかにならなく、それでは何の為に格安航空運賃LCCを利用したのか意味がありません。 &...

「華西街観光夜市」、「廣州街観光夜市(艋舺夜市)」、「西昌街観光夜市」と龍山寺周辺は台北の夜市の宝庫!!

    台北 「華西街観光夜市」   「龍山寺」の周辺には夜市がいくつかあり、この夜市にも来る目的の方が大抵は「龍山寺」に参拝もするので、夜でもこの界隈は賑やかです。   「龍山寺」を中心に、「華西街観光夜市」、「廣州街観光夜市」が西側に、「西昌街観光夜市」が東側の通りに。   「スポンサード リンク」     台北 「華西街観光夜市」、「廣州街観光夜市(艋舺...

「夜の龍山寺」~お寺に夜行くのって抵抗あるかもしれませんが、ここは必ず夜も行ってください!!

  台北「龍山寺」   「龍山寺」、もうここには何回来ているか定かではなくなっていますが、台北に来た夜は必ずここに。   朝も地元の方が大勢参拝していて、その光景も寛大ですがここは何と言っても寺院の建物のライトアップが素晴らしく、夜は観光客がひっきりなしに参拝に訪れています。   「スポンサード リンク」     台北 「龍山寺(ロンシャンスー)」   &nbs...

「迪化街」から「永楽市場」さらに「北門」を通って「西門町」まで~結局ひたすら歩いてしまった!!

  台北 「迪化街」   「迪化街」を北上して「民権西路」で折り返し、再び「迪化街」を南へ下り、「永楽市場」を見て「北門」さらに「西門町」まで地下鉄「雙連駅」で降りてから歩いてしまいました。   それだけこの界隈には見所が沢山あると言うこと。   「スポンサード リンク」     台北 「迪化街」~「永楽市場」~「北門」~「西門町」       ...

「迪化街(てきかがい ディーホアジエ)」~台湾で一番レトロな雰囲気の建物が並ぶ問屋街!!

  台北 「迪化街(てきかがい ディーホアジエ)」   「迪化街]は、乾物屋が並んでいるだけではなく、お洒落な雑貨屋とかカフェが古い建物をそのままにした中に入っています。   ここでは台湾の古い文化をそのまま残すという指向が、一番顕著に表われている街並み。   「スポンサード リンク」     台北 「迪化街(てきかがい ディーホアジエ) Dihua St.」   &nb...

「民生西路」から「迪化街」方面に行くと~ここにはあらゆる種類の乾きものが並んでいる乾物街!!

      台北の中心「中山北路」の交差点を境に右側が「民生東路」、そして左側が「民生西路」になっているようです。   この「民生西路」を地下鉄「雙連駅」から西の「淡水河」方面に歩いて行くと、台北でもっとも古い街並みの「迪化街」」に出くわします。   「スポンサード リンク」     台北  「民生西路」~「迪化街(てきかがい)」       &n...

「冰讃(ピンザン)」台北でもかき氷を、それだけでは満足出来なくすぐ近くの「古早味豆花(グゥザオウェイドウホァ)」へも。。。

            台北での間食と言えば、かき氷そして甘味の豆花。   このかき氷と豆花の甘味処の台北でもっとも有名で人気のあるお店が、すぐ近くにあるので梯子が出来ます。   「スポンサード リンク」     台北  「冰讃(ピンザン)」、「古早味豆花(グゥザオウェイドウホァ)」         お昼を抜いてでもこのスイーツ...

「猫空(マオコン)指南路沿い」~茶畑を見ながらお洒落な茶芸館は素通りして「天恩宮」折り返し。。。

    「猫空(マオコン)指南路沿い」   「樟樹樟湖步道」の反対側の「指南路」沿いにも山麓に茶畑が広がっていますが、こちら側が通常観光客が来る方で道のの両側には茶芸館、おしゃれなカフェがあり、各店は結構な賑いを見せています。   お店には入る余裕もなかったので、先にあったお寺「天恩宮」まで行って再びロープウエイの駅まで戻ってきました。   「スポンサード リンク」 &n...

「樟山寺(しょうざんじ)」猫空 樟樹樟湖歩道の折り返し地点~台北イチ押しスポット、ここからの眺めが最高!!

猫空「樟山寺(しょうざんじ)」    「樟樹歩道」の折り返し地点の少し先に千手観音菩薩が祀られている「樟山寺」があります。   お寺自体は台湾の普通にある寺ですが、この境内の前の展望台からの景色が最高に素晴らしい!!   「スポンサード リンク」     台北 猫空 「樟山寺(しょうざんじ)Jhang Shan Temple」         このお寺には直接車...

「猫空樟樹樟湖(マオコン クスノキ クスノコ)步道」~ここでも歩きます、台湾でも軽いトレッキングを!!

  「猫空樟樹樟湖(マオコン クスノキ クスノコ)步道」   「猫空ロープウェイ」に乗り山頂の「猫空」駅に降りると、そこは山の裾野に一面茶畑が広がり台北市街を一望出来るポイントになっています。   ここには有名なお茶屋さんもありますが、散策するのに丁度いい遊歩道もありました。   「スポンサード リンク」     台北 「猫空樟樹樟湖(マオコン クスノキ クス...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 All Rights Reserved.