FC2ブログ

tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!!

旅の情報を画像中心ですが、お届けします!!

「釜山駅」~「ソウル駅」迄「ムグファ号」に乗車して、「東京」~「ソウル」3日間かけて走破!!

      「釜山駅」からも各駅停車に乗って「ソウル駅」まで行きたかったが、数年前から普通列車がなくなっています。   そこで今は、一番普通列車に近い停車駅の多い「ムグンファ号」に乗車。   京釜線 「釜山駅」~「ソウル駅」         今韓国の鉄道の幹線で走っている列車は、すでに日本での新幹線クラスの「KTX」(通常のKTXとKTX山川)が主流、そして2年前から...

夜明けの「釜山港」から入港「釜山港国際旅客ターミナル」にて韓国入国!!

      下関を出た「ソンフェ号」はゆっくりと「釜山港」へ早朝に入港して、埠頭には6時過ぎに着きますが入国審査が8時からとのことで、停泊したまま暫く7時45分まで船内で待たなければなりません。     「釜山港」入港から「釜山港国際旅客ターミナル」           夜が明けてから船はゆっくりと「釜山港大橋」をくぐり抜けて「釜山港国際旅客ターミナル」に...

東京からソウルまで「青春18きっぷ」を使っての各駅停車の旅~岡山から下関、関釜フェリーに乗船!!

     山陽本線の「三原駅」からの先が7月の集中豪雨の影響で一部区間が未だ普通、代行バスが走っているとの情報はありましたので、それでも早め時間も余裕を持って岡山駅を出発したのですが・・・。     「青春18きっぷ」を使って東京からソウル各駅停車の旅~岡山から下関まで         岡山駅の改札でも代行バスの運行状況を聞いたのですが、実際に三原駅に行って確認...

「青春18きっぷ」を使って,東京からソウル各駅停車韓国鉄道の旅~東京(大宮)から岡山まで

          「青春18きっぷ」を使って東京から韓国ソウルまで3日間かけて各駅停車⁉、列車で行き、帰りも何か所か廻り帰ってきました。   今回は隣の国韓国だったので、下関~釜山往復はフェリーを使いましたが飛行機は一切使わずその他はすべて鉄道で14日間の旅。   韓国内の訪問した都市の紹介、情報は後にして一部のブログではリアルタイムでfacebook投稿のコピペにて紹介しま...

「タ ケウ」(クリスタルの古老)~石組がそのままの未完成の遺跡!!

      「アンコールトム」から東側を暫く行くと、アンコールワット造営の試金石として建てられた「タケウ寺院」があります。   ピラミッド式寺院だが、無骨な石組みが露出した未完成の遺跡。     シェムリアップ 「タ ケウ」         ジャヤヴァルマン五世によって11世紀初頭に造営が始められたが、王の突然の死によって未完成のまま放置されている。 &n...

「チャウサイデヴォーダ」、「トマノン」~「アンコールトム」の「勝利の門」をくぐって直に!!

      「アンコールトム」の「勝利の門」から500m程離れた処に道路を挟んで、南側に「チャウサイデヴォーダ」 が北側には「トマノン」があります。   両方とも規模は小さいが、12世紀初頭に建てられたそのままの形を残している遺跡。     シェムリアップ 「チャウサイデヴォーダ」、「トマノン」         「チャウサイデヴォーダ」は、「アンコールトム...

ホノルルでの食生活はパンケーキ中心に、レストランという類には行かなかったですが。。。

        今回のハワイでの滞在中、食べたものを最後に紹介します。   ハワイ、アメリカ全般にも言えることですが食事代が高い!!   ファーストフード、プレートランチでもちょっとしたものは10ドル以下では食べられません。   タイとかの食事代と比べると1食で3~5食分になるので、やはりとても1人では来れない場所。   LCCが飛んでいても、ホテル代、食事代が高くては...

「ワイキキパークハイツ」、「パシフィックモナークホテル」~今回色々あったワイキキで宿泊したホテル!!

      今回ワイキキで宿泊したホテルは、オーナー制の部屋を貸している「Airbnb(エアビーアンドビー)」から。   自分達は、「ワイキキパークハイツ」、そして長男達はクヒオ通り挟んで目の前の「パシフィックモナークホテル」。   2件ともキッチンとリビングが付いたコンドミニアム型式のホテルで、むしろ料金と比較しても大満足な部屋でした。     オアフ島 ワイキキ 「ワイ...

「ヒルトンハワイアンビレッジの花火」~毎週金曜日夜のワイキキビーチのイベント!!

      ワイキキの週末の夜毎週金曜日に、「ヒルトンハワイアンビレッジ」にて花火が打ち上げられています。   もちろん無料で見れるイベントなので、土曜日のフライトで日曜日着で帰る方が多いので、ワイキキでの最後の夜の思い出になるのでは。   打ち上げ時間は19時45分からで5分から10分もかからないであっという間に終わってしまいますが・・・。     オアフ島 ワイキキ ...

「カイルアビーチパーク」~オアフ島イーストコーストではやはりここに、ホワイトサンドの絶景ビーチ!!

    ノースショアからイーストコーストを下って来て、結局辿り着いた先は「カイルアビーチパーク」。   やはり全米No1に輝いた絶景ビーチというだけあり、バウダースノウ状の白砂に青い透明な海、ハワイを代表するビーチ。   この日はかなり混んでいて、隣の「ラニカイビーチ」はとても車を置けないと思い、ここもやっとのことで一台丁度出てきた車があったのでパーキングに駐車することが出来ました...

オアフ島 ノースイーストコースト~ノースショアから「クアロアランチ」、「チャイナマンズハット」へ。。。

       ノースショアから北東部の海岸沿いに、「クロアチアランチ」を目指して。   このノースイーストコーストには、静かな人があまりいない絶景ビーチがいくつかありますが、今回は残念ながら素通り。   「クロアチアランチ」で乗馬体験をしたかったが、この日はすでに締め切りとのこと。   ここはやはりここは個人で来る場合はよっぽど早い時間にこなければ、オプショナルツアーと...

ノースショア 「ラニアケアビーチ」~「ワイメアベイ・ビーチパーク」へドライブ。。。

      ワイキキビーチからフリーウェイH1からH2を、さらに一般道をノースショアへ時計廻りにドライブしてきました。   ここも2008年の「ホノルルマラソン」の後に、ワイキキから自転車に乗って2日間かけてノースショア迄行ったのを想い出します。   もっとも帰りは「ザ・バス」の前に 自転車を載せてバスで戻りましたが・・・。     オアフ島  ノースショア 「ラニアケアビ...

「ダイヤモンドヘッド」にも登ってきました! ホノルルでのつきなみのポイントですが・・・。

     ホノルルではつきなみの訪問先ですが、「ダイヤモンドヘッド」にも登ってきました。   ここも2008年の「ホノルルマラソン」の前日に行った以来、夕方17時にはゲートが閉るとのこと(18時まで戻ってくれば大丈夫)でまだサンセットには早い時間帯ですが。。。     オアフ島  ホノルル 「ダイヤモンドヘッド」         夕方であれば少しは涼しくなるだろう...

「マカハビーチパーク」~オアフ島西海岸でまず日本人は行かないビーチ!!

      オハフ島の西の端「カイーナポイント」に行った帰りに、砂浜があまりにも美しい光景だったので少し寄ってみました。   他のビーチと比べても圧倒的に人が少なく、のんびりと出来そうなビーチ。     オアフ島  「マカハビーチパーク」         近くには「マカハバレー」もあり、以前はホームレスとかが多くいて治安も良い場所ではなく、なので日本人...

オアフ島の西の端、隠れた絶景ポイント~「カイーナポイント」、「ヨコハマベイ」へ!!

      オアフ島での3日目、2008年に「ホノルルマラソン」が終った数日後に、アロハタワーからコオリナ迄「ザ・バス」が運営しているボートがバス代と同じ料金で運行していて、それにレンタルサイクルを積んで「コオリナ」まで行き、その後自転車でオアフ島の最西端の「カイーナポイント」まで行った思い出が忘れなく、今度は車ですが行ってみました。   このボートの情報は今はなく、もしかしたら運休...

ホテルの駐車場に行ったらレンタルした車が・・・消えていた⁇ その後夕方から「アラモアナビーチパーク」へ!!

      ホノルルでもハワイ島同様に「アイランドプラン」でレンタカーを終日借りていました。   ホノルル滞在での2日目、朝は少しゆっくりしてから午前中に「ダイヤモンドヘッド」、「ハワイカイ」、「マカプウ」方面に行こうと思ってホテルの駐車場に車を取りにいったら・・・。   置いた場所に車がない??   ビルの駐車場なので場所が間違ってないかと、上下の階もみたが何処にも見...

ホノルルへ4年ぶり十数回目~「ワイキキビーチ」はかなり綺麗になっていたのは気のせい⁉

      ホノルルに来たのは4年ぶり、初めて訪れたのが学生の時だったのであれから40年近く経っていて、その後は家族、1人で来たり仕事の絡みも含めて十数回。   なのでここ数年、年に2、3回行っているタイ、バンコク、パタヤよりホノルルの方が沢山来ていす。   やはり思い出があるのは10年前の2007年、2008年と連続で参加したホノルルマラソン、走った後に自転車でオアフ島をほぼ一周したこ...

ハワイ島 ヒロ~オアフ島 ホノルルへ、この時期にハワイ島に行けて良かった!!

      午前中に近くのビーチへ行ってからホテルをチェックアウトしてから、ヒロ空港からホノルルへ。   キラウエア火山へのヘリコプターツアー、キャンセル待ちを入れていたのですがやはりダメ。   先日キラウエア火山噴火の船から見るツアーがあり、溶岩が上から降ってきてけが人が出たとのニュースがありましたが、この時船からのツアーがあるとは全くしらなかった。   知っていて情...

「ケンズハウスパンケーキ(Kens House of Pancakes)」~リーズナブルで量、味も雰囲気も最高に良いレストラン!!

      ハワイ島で食べに行ったレストランを、紹介しておきます。   「ケンズハウスパンケーキ」、宿泊した「ヒロシーサイドホテル」のすぐそばだったので、夕食と朝食に2回ほど利用。     ハワイ島 ヒロ 「ケンズハウスパンケーキ」         店の中はいかにもアメリカのローカルファミリーレストラン、少し前の時代を象徴したかの雰囲気が最高。   ...

「ヒロシーサイドホテル(Hilo Seaside Hotel)」~ヒロ湾に面した抜群のロケーション!!

    ハワイ島で宿泊したのは、ヒロにある「ヒロシーサイドホテル」。   ヒロ空港からも近く、ヒロ湾の入江に面した抜群のロケーションでこの地区周辺ではおそらく一番安い宿泊料金。     ハワイ島 ヒロ 「ヒロシーサイドホテル」         建物は3階建てで、ロビーも広く、駐車場は無料、プール、レストラン、中庭もあります。   今回お母さんが自分がタ...

「リチャードソン・オーシャンパーク」 ~ヒロ湾のサンセットと海亀を見ながらシュノーケリング。。。

       ヒロには色々なビーチパークがあります。   その中でも人名前がそのままついているビーチがあり、「カール スミスビーチパーク」、「カール スミス」というカントリーシンガーがいたが、名前の由来は分かりません。   そしてその先にあるのが「リチャードソン オーシャンパーク」、野性の亀がいるというのでそちらの方に行ってきました。     ハワイ島 ヒロ 「リチ...

「キラウエア火山」が噴火している「レイラニ・エステーツ地区」の手前まで行ってみた!!

        「キラウエア火山国立公園」に入れなかったので、「ボルケーノビレッジ」に寄ってからヒロに戻る途中に、「ケアアフ・パフアロード」を下り「レイラニ・エステーツ地区」の近くまで行ってみました。   当然噴火している場所まで行けないのは分かっているものの、ここも行ける処までとまたまた恐いもの見たさで。。。     ハワイ島  「キラウエア火山国立公園」 「ボル...

「キラウエア火山国立公園」内には入ることが出来なかったので、「ボルケーノビレッジ」へ!!

      キラウエア火山噴火の影響で「キラウエア火山国立公園」のエリアには入れないと分かっていたにも関わらず、果たしてどの場所から立ち入り禁止になっているのか。   以前来た時に行った、溶岩が流れているのを見ることが出来る「チェーン・オブ・クレーターズ・ロード」には絶対に入ることが出来ないが、今噴火して溶岩が流れているのは、どちらかというとヒロから下に行った場所の「レイラニ地...

「レインボーフォールズ(虹の滝)」~ヒロから一番近い癒しのスポット!!

       ハワイ島の主な観光名所で必ずといって出てくるのが、この虹の滝(レインボーフォールズ)。   ワイルク川(Wailuk River)にある滝で高さ24メートルから落ちた水は溶岩の下へ落ちてしぶきをあげ、晴れた日には運がいいと虹が観れるという。   宿泊していたヒロからも近いとあって、以前コナに宿泊した時に行けなかったので午前中に行ったが、残念ながら行った時に虹は見ることは出来...

「マウナケア山頂」標高4205mからの絶景夕陽~ 「サンセット&星空観測ツアー」に参加して!!

    2800mの「オニズカ・ビジターセンター」にて夕食のお弁当を食べてから、高所に慣らす様に暫くの休憩を取った後に山頂へ出発します。   高山病対策の意味で、いきなり頂上に行くのでなく充分な休憩をとった後に出発。   暫く行くとアスファルトの道はなくなり、ダートな道を進みますので車も揺れもすごい。   この道はたとえ四駆の車でも個人では絶対に行けないコースです。   揺れに...

「マウナケア山頂 サンセット&星空観測ツアー」 ~オニズカ・ビジターセンターまで

       ハワイ島での2日目に今回の旅の目的、メインである「マウナケア」の山頂へ。   山頂までは車で行けますが、途中からダートロードになるのと、標高が4,000m以上で四駆でもよほど運転に慣れてないと上までは行けません。   その他にも個人だと規制があるようなので、現地ツアーに参加・・・1人US$170 「マウナケア山頂 サンセット&星空観測ツアー」 by ロバーツハワイ   と...

癒しの滝「アカカフォールズ」と聖地「ワイピオ渓谷」を見てからヒロからコナ地区へ!!

      ハワイ島は「ビックアイランド」と言われる大きな島なので、オアフ島のザ・バスみたいな公共の交通機関はないので移動にはレンタカーが必要です。   ハワイ島は今回2度目の訪問で、以前十数年前に家族4人で4泊コナに滞在したので、今回は単純にヒロの滞在を選んだという次第。   なので正味5日間滞在したにもかかわらず、ヒロを含んだ右半分の地区に足を踏み入れていませんでした。  ...

ビックアイランド ヒロ湾にある「癒しの島」「モク オラ(ココナッツ アイランド)」まで散策!!

     ハワイ島には今、メインランド(アメリカ本土)からかなりの方が訪れています。   ホテルもほぼ満室で、14時すぎに着いたのですが部屋の準備が出来てないとのことで、16時まで待って欲しいと言われました。   「キラウエア火山」の噴火でハワイ島に来るのを避けている、或るいはキャンセルをしているのは日本人ぐらい。   メインランドからの方は、わざわざこの状況を見にくる方が多く...

タイから帰国の翌日に、関空からホノルル経由ハワイ島のヒロへ!!

今回の旅の報告にあたって、最初に大阪の記事を紹介し、次に順番として逆になりますが先にタイでなくハワイにします。   「キラウエア火山」の噴火という今起こっているホットな情報もあるので。。。   30日間のタイからの旅に帰ってきて、自宅に1泊はしたのですが翌日の午前中には成田へ。   タイは一人旅でしたが、ハワイはお母さん、長男、そして長男の彼女(まだ結婚前です)との4人の家族旅行。  ...

旅の終わりは「大阪城」を見て~夜行バスにて地元の大宮駅西口まで。。。

「大阪北部地震」の翌日は交通機関、その他色々なお店もほぼ通常通りの営業。   関空で購入したセット券の「地下鉄1DAY PASS」があったので、意味もなく「中百舌鳥」とか「八尾南」とかの地下鉄の終着駅までいったり、このパスで乗車できる「南港ポートタウン線」のニュートラムに乘ったりして。                           &nb...

大阪天王寺 西成地区、通天閣あたりをひたすら歩く~タイ、ハワイからの帰りに。。。

  引き続き「大阪北部地震」の起こった日の事ですが・・・。   予定では「地下鉄1DAY PASS」を目いっぱい使って廻ろうと思ったが、ほぼすべての交通機関がストップ。   バスも動いてなく、タクシーは勿論乗り場には大行列、こうゆう状況の中での移動方法は・・・?   自分の足、、、「東日本大震災」の時も仕事先の池袋から自宅の大宮まで歩いて帰りました。   営業していたコーヒーショップ(...

「大阪北部地震」からそろそろ一週間になりますが・・・、関空到着後に天王寺周辺に宿泊したので。。。

  「大阪北部地震」、自分は生まれも育ちも埼玉で大阪とは関係ないのですが、丁度大阪に2日間ちょっといた時に遭遇しました。   それも大阪に着いた翌朝、5/10から6/8までタイに旅に出て、その翌日から家族で6/9~6/17までハワイに、そして6/17に関空に着いたのでそのまま自分1人だけ大阪に滞在し、帰りは夜行バスに乗って6/20の早朝に大宮駅に着きました。   本来は最初に行ったタイから、まだ今年の1月に行...

42日間の旅から無時帰って来ました~と言っても色々ありましたが・・・。

  GWが終っての出発だったので、帰ってからは梅雨の真っ最中。   ほぼ真夏の陽気の場所だったので、帰国してから寒さを感じるほど。   ・タイ タオ島、パンガン島、サムイ島、スラターニ、パタヤ、バンコク 5/10~6/8                                ・ハワイ ハワイ島、ホノルル 6/9~6/17 ...

GWはずっ~と仕事だったので、やっと一段落しましたので又暫く旅に出ます!!

  GWを含めて、4/20以降ほぼ仕事に出ていました。。。   仕事は現役時代よりはっきり言って、ハードでもちろん土、日、祝日も関係なく、むしろ世間一般の方がお休みの時程稼ぎ時の仕事です。   と言う事で、昨日で一段落して本日会社に精算に行き、今度は暫くお休み。。。       「スポンサーリンク」     ピーク時期はほぼ連荘で仕事がありますが、それが終わると...

「プリアピトゥ」5つの寺院群を見て~「勝利の門」をくぐってから「アンコールトム」を出る!!

     「スポンサーリンク」     王宮跡の反対側、「北クリアン」の隣に、「プリアピトゥ」と呼ばれる12世紀初頭に創建された、5つの神殿とふたつのテラスからなる寺院遺跡がある。 遺跡は修復工事が全くされておらず、そのまま放置されたまま。     シェムリアップ アンコールトム 「プリアピトゥ」     「スポンサーリンク」     &nbs...

「プラサット・スゥルプラット」謎めいた12の塔と、一対になっている建造物「南クリアン」、「北クリアン」

      「スポンサーリンク」     「アンコールトム」内にある「象のテラス」の前方にある12基の塔が「プラサット・スゥルプラット」。   王宮から勝利の門へと続く王道の前面にあり、12世紀末にジャヤヴァルマン7世によって建造されたバイヨン様式の塔群であるとされる.。   「綱渡りの塔」( Towers of Cord Dancers)とも呼ばれ、それは祭典の際に、綱渡りをテラス...

「象のテラス」~アンコートムど真ん中の躍動感ある、象のレリーフが連なる長大なテラス!!

      「スポンサーリンク」     「象のテラス」は、アンコール・トムの城壁を巡らした都の一部で、テラスは南北にわたってあり、その東面にあるゾウの彫刻があるので「象のテラス」と名付けられた。     シェムリアップ アンコールトム 「象のテラス」     「スポンサーリンク」         「スポンサーリンク」 &nbs...

「アンコールトム」内の遺跡群~王宮跡から天空の宮殿「ピミアナカス(Phimeanakas)」へ。。。

    「スポンサーリンク」     「ピミアナカス」は、5か所の塔門東西600メートル、南北250メートルの周壁に囲まれた王宮の中央に位置し、そこに居住した歴代の王が儀式をおこなうための寺院。   「空中の宮殿」、「天上の寺院」とも呼ばれている。     シェムリアップ アンコールトム 「ピミアナカス」     「スポンサーリンク」     ...

再び「アンコールトム」内の遺跡群を求めて!~まずは空中参道のある隠し子伝説の「バプーオン」から

      「スポンサーリンク」   「アンコールトム」内のバイヨンから一番近い位置にある「バプーオン」。   200mほどの空中参道の先にある隠し子伝説があるピラミッド型寺院で、かつてはバイヨンよりも高かったと言われてる。     シェムリアップ アンコールトム 「バプーオン」     「スポンサーリンク」         「ス...

滞在2日目も自転車に乗って・・・、まず向かった先は「パクセイチャムクロン(Baksei Chamkrong)」~鳥の伝説があるピラミッド型寺院へ。。。

      「スポンサーリンク」     鳥が舞う都という意味の「パクセイチャムクロン」。   アンコールの都に敵の軍が攻めてきた際に、大きな翼をもつ鳥が現れ、翼を広げて王を守ったという伝説があります。     シェムリアップ 「パクセイチャムクロン」     「スポンサーリンク」         「スポンサーリンク」 ...

「プノンバケン(Phnom Bakheng)」~密林の彼方に沈みゆく夕陽、サンセットを眺めながら。。。

        「スポンサーリンク」     「アンコールワット」から「アンコールトム」への道の途中に、高さ60メートル程の丘からサンセットを眺められる「プノンバケン寺院」があります。   ここからの密林の彼方、さらに「トンレサップ湖」に沈みゆく夕陽が一望出来る。     シェムリアップ 「プノンバケン」 サンセット     「スポンサーリンク」...

「アンコールトム」~顔だらけ、「バイヨン」の観世音菩薩像の穏やかな表情の魅力を垣間見る!!

     「スポンサーリンク」     「バイヨン」を特徴付けているのは、中央祠堂をはじめ、塔の4面に彫られている四面像である。   四面像は観世菩薩像を模しているというのが一般的な説と、「ジャヤヴァルマン7世」を神格化して偶像化したものであるとする説、ヒンドゥー郷の神々を表している説もあるそうです。     シェムリアップ 「アンコール・トム」   「ス...

都城「アンコールトム」へ南大門(Southern Gate) ~宇宙の中心と言われている「バイヨン寺院」まで。。。

      「スポンサーリンク」   アンコール王朝の最盛期に築かれた、バイヨンを中心とした都の城。   アンコールワットから北に1kmちょっと行くと、城壁の囲まれた広大な都市「アンコールトム」があります。   シェムリアップ 「アンコール・トム」     「スポンサーリンク」         「スポンサーリンク」    ...

「アンコールワット Angkoor Wat」~正面からの逆さアンコールワット、鏡張りは・・・。

     「スポンサーリンク」       代表的なアンコールワットのアングルは、この西参道正面から見た光景が代表的。   西参道の左右にある聖池に、映り込んでいる逆さアンコールが見える。   シェムリアップ 「アンコール・ワット」   「スポンサーリンク」         「スポンサーリンク」   &nbs...

「アンコールワット Angkoor Wat」~回廊は壮大なレリーフのギャラリー、正に絵巻物の世界!!

  「スポンサーリンク」         第一回廊の東西南北の壁面に彫られた浮き彫り画は、まさに絵巻物の世界で見ながら進むと一つの物語になっています。   シェムリアップ 「アンコール・ワット」   「スポンサーリンク」         「スポンサーリンク」       この壁画は完成中途だったようだ...

「アンコールワット Angkoor Wat」~中央塔から第二回廊、第三回廊経て裏参道を望み、デバダー(女神)の魅力に浸る!!

  「スポンサーリンク」        アンコールワット内で唯一塔の上に登ることが、出来るのが第三回廊。   ここは特に神聖な場所で、東側の裏から急な階段を登ることが出来ます。   「スポンサーリンク」     シェムリアップ 「アンコール・ワット」       「スポンサーリンク」     この第三回廊...

「アンコールワット Angkoor Wat」~第一回廊 西塔門から十字回廊を経て中心部へ。。。

  「スポンサーリンク」         「アンコールワット」は、南北約1300m,東西約1500mの広さ、中は第一回廊、第二回廊、第三回廊と囲まれた正確に築かれています。     シェムリアップ 「アンコール・ワット」   「スポンサーリンク」       「スポンサーリンク」     「アンコールワット」の創建者...

「アンコールワット Angkoor Wat」~環濠を渡り西参道を周壁、さらに西塔門へ。。。

    「アンコールワット 」は西参道から入って、中にいくつかの回廊に囲まれてそれを順番に見て廻りますので相当な時間が必要。   ここを一通り見ると半日では足りないかも。。。     シェムリアップ 「アンコール・ワット」         ここ「アンコールワット 」の開門時間は早朝の5時から18時で、中に入れるのは5:30~17:30 まで。   但し6時前は西塔門か...

「アンコールワット遺跡群」ではまずは、「アンコール・ワット Angkoor Wat」から見にいくのが常道でしょう!!

      アンコールワット遺跡群を見るには、やはり最初に訪れる場所としては「アンコール・ワット」。   「アンコール・ワット」は、この周辺にある遺跡の中の1つでしかないのです。       シェムリアップ 「アンコール・ワット」         「アンコールワット遺跡」というと必ずここを指し、必ずここの場所はそれこそ1日券だけしか持っていない方もこ...

シェムリアップに着いた翌日に、レンタサイクルを借りて真っ先に向かった先は~アンコールワット遺跡群「アンコールエンタープライズ(チケットセンター)」

        シェムリアップの「アンコールワット遺跡群」のチケットの購入場所ですが、ガイドブックとかに掲載されている場所と違っていますので注意が必要です!!     シェムリアップ 「アンコールエンタープライズ(アンコールチケットセンター)」         シェムリアップ空港に着いたのはすでに夜で、空港からホテルにはトゥクトゥクにて移動。   ホ...

Designed by Akira.

Copyright © tranning3 「旅のフォトコラム」 ~旅の記録を画像で!! All Rights Reserved.